11th birthday

こむぎ日記
09 /19 2017
一週間過ぎてしまいましたが、
9月11日、こむぎは11歳の誕生日を迎えることができました!
20170919a.jpg
今年に入ってからもいろいろありましたが、
今後はとにかく穏やかに過ごさせてあげたいです。

涼しくなってきたので、調子の良いときには公園まで散歩に行くのですが、
「こっちに行く!」と自己主張が強くなってきました。
単なるわがまま?

誕生日には特別なことはしませんでしたが、
こむぎのよだれ指数の高い、さつまいもチップスと
20170919b.jpg

パンを焼きました。
20170919c.jpg

これは先日のヘソ天こむぎ
20170919d.jpg

いつも見ていて下さる皆さま、
いつもありがとうございます!
11歳のこむぎもどうぞよろしくお願いします。
そして、皆さんのワンちゃんもずっと元気で長生きしますように。

スポンサーサイト

ダメ飼い主の記録

こむぎ日記
08 /19 2017
書き溜めていたものをようやくアップです。
今はずいぶん良くなってきていますが、
またまたこむぎの体に不調がありました。

7月28日(金曜)のことでした。
朝、何となくこむぎが私を見上げる顔が左に傾いているなぁと思った。
その後、歩く時に後ろの左足がついて行ってないことに気づく。
気になったので、午前中に病院に連れて行きました。
抗生剤、ステロイドの注射を打ってもらって帰って来ました。

午後、歩こうとするが右に回ってしまう。
自分でもおかしいと思うのか、じっと立って考えているよう。
そして、また右にひと回り。
へなへなと座り込む。

左前脚も少し麻痺が出てました。
そして、右目が垂れて表情が怖い感じ。
頭はなぜか左を向かない。左目が見えてない?

翌日(土曜)と翌々日(日曜)も病院へ行き注射を打ってもらい、
その後は薬を飲ませて様子を見る。
症状が悪くなるようならMRIを撮って調べた方がいいかもと言われる。

その間の食欲はと言うと、こむぎらしく変わらずモリモリでした^^;
あまり動けないので寝ていることが多かった。
トイレは、小はいつも通りトイレシートの上でしてくれた。
大は、家だとピョンピョン跳ねるのがこむぎのスタイルなので、
それは負担になると思い、外に連れ出した。
でも、歩かない、というか、歩けない。
何とか用だけは済ませてすぐ帰る。

気はしっかりしているんだけど、左側が軽く麻痺しているから
動きがぎこちないというかんじ。

8月3日から徐々に良くなってきました。
金曜日にまた病院へ行き、ステロイドは半量に減らす。
12日からはステロイドを一日置きに減らす。
更に、本日(19日)より二日置きになりました。

まだ、アスファルトを歩く時にズリッズリッと足を引きずる音がするけれど、
見た目には以前と変わらないこむぎの状態だと思います。
まっすぐ歩けるようになっています。
そして、前にも増して食欲満々!(←これはステロイドの影響?)

でも、昨年のこの時季には二度も前庭疾患を起こしたので、
まだまだ心配です。
今回は前庭疾患という診断ではありませんでしたが、
おそらく神経系が関係しているようです。

まだ膵炎の薬も飲ませているし、心臓の薬も飲んでいるし、
薬漬けのこむぎ。

ここのところ、立て続けに体調不良を起こしてしまって、
私のあげているご飯がダメなのか、この環境がダメなのか、
こむぎの人生(犬生?)をこんなふうにしてしまった私は
飼い主としてどうなのか?と考えてしまいます。

ダメ飼い主をここで公表しているようなものですが、
何かある時、私が他の方のブログをあちこちと
こっそり参考にさせていただいているように、
どこかのワンコの飼い主さんにも、
こむぎの記録をこっそりでも参考にしてほしいと思って書いています。

私はこむぎに20才まで生きてほしいと、
恥ずかしながら今も思っています。
でも、たまにこんなことがあるとくじけてしまう。
でもでも、くじけてはいけませんね!
こむぎは元気で20才まで生きるんだ~!
一緒に頑張ろうね、こむぎ。
まだまだがんばりますので、よろしくお願いしまーす!!

20170814.jpg
美味しいものも二本足でピョンピョンねだれるくらいに元気です。
ただ、負担がかかるからやめてほしいんだけどね。

おっとっと

こむぎ日記
07 /12 2017
暑くなってきてしまいました。

これは7月6日の公園の駐車場にて。
20170712a.jpg

暑いからそんなに歩かなくていいよと思っていたのに、
公園まで行く気満々で、とりあえず駐車場付近を歩いて帰ってきました。

お願いだから、あまり草を食べないで!
20170712b.jpg


そして、先日、ホームセンターで見つけたオヤツ。
ワンちゃん専用「おっとっと」♪
20170712c.jpg

私の方がうれしくて買ってしまいましたが、
20170712d.jpg

チキンの匂いがして、味もフードっぽい?
味見しましたが、塩気はもちろんありません。
こむぎはよだれを垂らしてサクサク食べてくれます♪

その後

未分類
06 /20 2017
その後も、元気で食欲もあるこむぎです♪
20170620a.jpg
6月8日の散歩

先々週に検査した、犬膵特異的リパーゼの数値は
5月26日:412μg/L から、6月10日:313μg/L に下がりました。
が、基準値0-200μg/Lなので、
クスリを追加して飲んで、また様子を見て検査することになりました。
20170620b.jpg
病院の帰りの車の中、お手手を揃えています(笑)

高消化性の療法食(ウェット)と
お米やお芋、ささみなどの簡単な手作りご飯を混ぜ混ぜしてあげていますが、
毎回ガツガツ食べています!

健康な体を作るのは、やっぱり犬も人間も食べ物なのかしら?


大腸炎か膵炎か?

未分類
06 /01 2017
5月17日(水)
まずこの日の朝、胃液を少し吐き、その日の夕方まで食欲不振で寝ていました。
夜になって食欲が戻りました。

5月20日(土)
この日は心臓のエコーと血液検査を予約してあったので午後一で病院に行く日。
朝から食欲不振のまま病院へ。
その日、お腹についての診察は受けなかったけど、先生に話したら膵炎の可能性もあるので
様子を見て検査を受けた方がいいと言われる。

5月24日(水)
前の晩に胃液を吐いて朝も食べなかったので病院へ連れていくことに。
駐車場まで歩いて行く時に血便を3回も!
血液検査の結果も出ていてやはり膵臓の値が高い。
でも、具合の悪い時は高いことが多いらしいのでまだ原因はわからず。
便に特に悪い菌は見つからず。
皮下点滴と注射3本打ってもらう。
絶食するようにと言われる。

5月25日(木)
特に変わりはなく様子を見ていた。
夜寝る時間(11時頃)になってウンチをした。
出てよかったねと思ったのもつかの間、
その後何回か血便を!
これは大変な事だと、動物救急へ電話!
話をして往診に来てもらうことに。
体温が下がっていて危ない状態だと言われました。
皮下点滴、注射を打ってもらいました。

5月26日(金)
かかりつけの病院へ。
ゆうべのことをお話して、
また点滴、注射を打ってもらいました。

土曜日も点滴、注射。
日曜日も注射。

5月29日(月)
土日は療法食のウェットフードを食べたのに、
この日の朝はまた食欲不振。
クスリも飲ませられず、午後にまた病院へ。
診察台に乗せられてクスリ入りのフードを食べさせたらパクパク食べた!
それからは食欲、元気が戻ってきました。

体重は5月31日の時点で5.3kg。
まだ薬も飲んでいて、一週間後くらいにまた血液検査をして膵臓の値を確認です。
どうか大したことありませんように。

6月5日(月)
こむ、はりきって公園まで散歩に行ってきました。
20170605.jpg
ウンの状態はもうちょっとかな、とうい感じですが、
元気と食欲はあります!



つみき

ワンコ(キャバリア)1+ニンゲン(40代)2で暮らしてます。